鏡開きの餅はガッテン流のつきたて再現法で美味しく食べてみる


1月11日は「鏡開きの日」。パックのお餅を美味しく食べる方法がオススメです。



photo credit: davidyuweb via photopin cc

■パック餅がつきたてに!

市販されている「パック餅」は、つきたてを冷却させたものだそう。

つきたてを再現するには、冷却の際に失われた空気と水分の量を、最適に戻す事が必要。

その具体的な再現方法が、以下のサイトに掲載されています。

▼数年前のNHKでの放映

つきたてに変身!パックもちで至福の正月を : ためしてガッテン – NHK


■伸びて、旨い!

フライパンを予熱(うすく油をひき、強火約1分)

フライパンに、熱する方の面だけ水をつけたもちと、湯(80℃以上)大さじ1を入れて、すぐふたをする。

30秒加熱して、火を消す。

余熱約7分で出来上がり。(水蒸気を充満させているため、ふたを途中で開けないでください)

つきたて再現法のポイントは、フライパンで7分間水蒸気を充満させること。
こうする事で、空気と水分の量をキープしながら加熱できるそうです。

お正月に試してみましたが、レンジやオーブンで焼くより、伸び方が全然違くて、美味しく感じられました。

▼お供え餅を開封

▼蓋して水蒸気を7分充満させる

▼お雑煮に入れてみた

▼のびーる

良かったら、お試しください。

■1月11日は鏡開きの日

無病息災を願います


鏡開き | SmartNews 今日は何の日?







するぷろ for iOS(ブログエディタ)この記事は、『するぷろ for iOS(ブログエディタ)』で書いてます。

鏡開きの餅はガッテン流のつきたて再現法で美味しく食べてみる
「まめとら.com」更新情報を
facebookでいいね!して
チェックしよう

▼各種SNSへシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

▼各種フォローはコチラ