【夕学レポ】ライフネット生命の出口社長に学ぶ読書術のポイント


先日、『夕学五十講』というセミナーを受講してきました。講師は、ライフネット生命の出口治明社長。

自ら「活字中毒」と語る出口社長の読書術が気になったので、そのポイントをまとめてみようと思います。



セミナー概要


第4回 10/16(火) 出口治明さん | 慶應MCC「夕学五十講」楽屋blog



『夕学五十講』講師紹介ページ


本を読む事について


  • 競争力を付けるには、勉強するしかない
  • 本を読む事、人に会う事、旅に出る事が大事
  • インプット無しに、良いアウトプットは生まれない
  • 10冊のビジネス書を読むくらいなら、1冊の古典を読め

本の選び方について


  • (最近は忙しいから)新聞の書評欄から本を選んでいる
  • 毎朝3紙に目を通す。雑誌も読むけど、新聞が好き
  • 新聞の中で、唯一まともな記事は書評欄。名前が出ていて、インセンティブが働くから。
  • 本を選ぶのに困ったら、書店に並ぶ、▲▲文庫を薄くて気になった本から片っ端に読め
  • 最近読んでいる本。これが今年一番面白いと思う。
中国と 茶碗と 日本と 中国と 茶碗と 日本と
彭 丹
小学館 2012-08-31
価格: ¥ 1,890 (記事公開時)
Amazonで詳細を見る
ショップでチェックする


本の読み方について


  • 速読なんて、あり得ない!
  • 読書は、著者との対話
  • 腑に落ちるまで読む
  • 忙しくても週に5〜6冊は読んでいる
  • 鞄の中に常に本を入れている



所感


素晴らしい講演の中で、読書に関してTIPS要素があったので、まとめてみました。

含蓄があり、納得感の高い講演は、読書がベースの1つとなっているのだと感じさせる内容で、とても引き込まれました。

いつも同じような本を読んでいる気がするので、まずはオススメしていた本を読んでみたいと思いました。





するぷろ for iOS(ブログエディタ)この記事は、『するぷろ for iOS(ブログエディタ)』で書いてます。

【夕学レポ】ライフネット生命の出口社長に学ぶ読書術のポイント
「まめとら.com」更新情報を
facebookでいいね!して
チェックしよう

▼各種SNSへシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

▼各種フォローはコチラ