iMovieでダイジェスト動画を作るコツはiPhoneアプリの組合せ



iMovie動画作りは、コツが掴めれば意外と簡単にできます。動画作りにオススメなiPhoneアプリや、iMovie編集のコツをまとめます。



こんなダイジェスト動画を作るコツ




この動画は、先日参加した半日にも渡るイベントの様子を、50秒のダイジェスト動画に凝縮したものになります。

いきなりですが、動画作成のコツをまとめると以下になります。

  • 複数の短い動画ネタを撮り溜める
  • 撮影は、視点の異なるiPhoneアプリを複数活用する
  • 撮影した動画をiMovieで組合せて、1分以内の動画にまとめる
慣れれば30分も掛からずに動画作成が出来るようになると思います。今回はイベントに参加しながらiPhoneで作り、帰りの電車の中で動画が完成していました。

以下に、組合せた動画ネタの詳細や、iMovie編集のコツをまとめます。

【動画ネタ1】QueingCamコマ撮り動画



QueuingCamとは、コマ撮り動画が作れるiPhoneアプリになります。

1秒撮影した動画を、自動で繋げてくれて、1つの長い動画を作る事ができます。

このiPhoneアプリを使うだけでも、立派なロードムービー風動画が作れてオススメです。

今回は、ダイジェスト動画のベースに使用してみました。

QueuingCam QueuingCam
価格: ¥240 (記事公開時)
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロードする

▼コチラも参考にどうぞ

お手軽ダイジェスト動画撮影iPhoneアプリ『QueuingCam』オススメ活用事例

【動画ネタ2】Hyperlapseタイムラプス動画



Hyperlapseは、時間を縮めた早送り動画が作れるiPhoneアプリです。

今回の場合、大勢で交差点を渡る場面や、おにぎりを作る場面など、時間経過を表現しようと思い、ポイント的に使用してみました

早送り動画は、何だかコミカルに見えるのが面白いところです。子供のヨチヨチ歩きとかを撮るのもオススメです。

ちなみに、Hyperlapseを使用しなくても、実は最近のiOSバージョンでは、標準カメラ機能にタイムラプス撮影機能が搭載されています。

Hyperlapseは、以前から使い慣れていて、何となく使い続けています。


▼コチラも参考にどうぞ

時間をギュッと縮めたタイムラプス動画をiPhoneアプリで撮ってみた


【動画ネタ3】写真のスライド表示



iMovieの動画素材は、動画だけではありません。

実は、「写真」をスライドショーのように動画に組合せる事も出来ます。

今回は、完成したおにぎりや、気になった看板などのオブジェ、そして集合写真をポイント的に挿入してみました。

iMovie編集のコツ



用意できた動画ネタを使用して編集する動画アプリがiMovieになります。

最近のiOSでは無償ダウンロード出来るアプリかと思います。

動画編集のポイントは、個人的には、凝り過ぎないこと、そして、見てもらえるために、長くても1分以内にまとめる事かと思っています。

動画編集作業としては、主に

  • 素材を選択してつなぎ合わせ
  • 分割・削除などで必要部分の抜き出し
  • テキストタイトル付け
を行っています。凝ったらキリがないので、なるべく最低限にとどめました。
今回は加えて、音楽を付けたり、繋ぎ合わせの視覚効果の設定をしています。

また、写真を挿入する時には、写真の表示開始位置と終了位置を指定することで、上下左右に移動させたり、ズームイン/アウトさせて、動きを出すのがポイントです。

iMovie iMovie
価格: ¥600 (記事公開時)
App Storeで詳細を見る
アプリをダウンロードする

好評頂けたダイジェスト動画


今回、ゴミ拾い体験や対話を通じて美しい街作りを考える「川崎モラル」というイベントに参加したのですが、

朝10時開始のゴミ拾いから、お昼のおにぎりワークショップを挟み、午後はフューチャーセッションをしてと、半日に渡る楽しく、有意義なイベントでした。

Event1 – 川崎モラル


そこで、まとめとして参加者視点で50秒のダイジェスト動画にまとめたところ、「雰囲気が伝わって参加した気分になった」「イベントの付加価値が高まった」と、各方面から好評を頂き、嬉しかったです。

加えて、「どうやって作ったの?」「難しいのでは?」と言った声もチラホラ聞いたこともあり、今回、動画を作成する際に活用したテクニックをまとめてみた次第になります。

動画編集ですが、慣れもありますが、やってみると、意外と簡単なのです。

このダイジェスト動画テクニックは、イベントのまとめだけでなく、旅行やお出掛けや、子供の成長記録動画としても、オススメです。

良かったら、是非お試し下さい(^^)!




自分撮り ll(THETA棒)(シータ棒)自分撮り ll(THETA棒)(シータ棒)

よしみカメラ
価格:¥ 2,138(記事公開時)

ショップでチェックする




SLPRO X for iPhoneこの記事は、『SLPRO X for iPhone(ハイブリッド・ビジュアルブログエディタ)』で書いてます。

iMovieでダイジェスト動画を作るコツはiPhoneアプリの組合せ
「まめとら.com」更新情報を
facebookでいいね!して
チェックしよう

▼各種SNSへシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

▼各種フォローはコチラ