「偏愛マップ」を大勢で作成し見せ合う交流会の魅力とは?



大勢で「偏愛マップ」を一緒に作成して、見せ合うワークショップ形式の交流会を開催してみたら、大変盛り上がって、交流が深まって楽しかったのです。その魅力と開催のポイントをまとめます。



大勢で「偏愛マップ」交流会をやってみた


前回、「偏愛マップ」がプロフィール用途に最適という記事を書きました。「偏愛マップ」は自分だけで書き出しても十分楽しめるのですが、

大勢で一緒に作成して、見せ合って交流するのが、より一層楽しいのです。

先日、異業種交流会「ゆるたまの会」の忘年会イベントとして、計12名で「偏愛マップ」交流会を実施し、その進行を務めさせて頂いたのですが、

改めてその楽しさと魅力は、「達成感の共有、深まる交流、多くの気づき」の3つがあると個人的には感じています。

以下に1つ1つ説明します。

「偏愛マップ交流会」の魅力とは?



【1】書き上げた達成感が共有できる


交流会では、まず初めに簡単な概要説明の後、30分、「偏愛マップ」作成をしてもらいました。

進行のポイントとして、事前に作成しておいてもらうのがベストだと思うのですが、負担が大きいかと思い、最低限「偏愛キーワード」だけでも、思い浮かべておいてもらうように案内していました。

そのため、初めて偏愛マップを書く人も、他の人の書きっぷりを参考にできるのも手伝って、スムーズに書き始める人が多く、もくもくと、自分と向き合いながら、集中して書いていたのが印象的でした。

集中した雰囲気の中、良い意味でのプレッシャーが発想力を高めますし、何より、書き上げた達成感を参加者全員が共有できて、連帯感が生まれるのもメリットかと思います。

【2】多くの人と、いきなり仲良くなれる

作成後、お互いの偏愛マップを見せ合いしました。

「偏愛マップ」の良い所は、半端なく好きな事や、話し始めたら止まらないほど強い興味・関心がある事を書き出しているので、

初対面同士でもいきなり会話が盛り上がるのはもちろん、知り合い同士でも意外な一面が垣間見れて、より親睦が深まるのが面白いところです。

進行のポイントとして、2人1組のペアを5分程度で組み替えながら「見せ合い」をしたのと、「共通項探し」をするように案内しました。

これは、話す機会を増やしたり、発散し過ぎないようにして、時間内で会話の質や量を高めるための工夫となります。

話が弾んで、予定時間がオーバーする位、見せ合いは盛り上がりました。

【3】多くの気付きがその場で得られる


「偏愛マップ」は、作成時点でも、自分の好きを「見える化」することで、自分でも気づかなかった一面が垣間見れる良さがありますが、

他の人の偏愛マップを見比べることや、会話をする中でも、多くの気づきや発見があるのが良い所です。

実際、昔ハマっていて忘れていた偏愛を思い出せた!という声もありました。

進行のポイントとして、今回は、見せ合いが一通り終わった後のまとめとして、

グループ内で特徴的な偏愛マップを書いた人について、作者以外の人がその内容を、他参加者全員に向けて発表してもらうという「他己紹介」をしました。

他の人が、どのように感じているか?を知れる良い機会となったかと思います。

その他の進行アイディア

また、今回は時間の都合でやりませんでしたが、進行のアイディアとして、

作成した全員の「偏愛マップ」を壁一面に張り出して、気になるキーワードに、カラフルなシールを貼って、イイね!の見える化をするというのも面白いかと思いました。

以上、偏愛マップ交流会のオススメでした!良かったら是非(^^)!

▼参加した異業種交流会の開催レポート


第18回ゆるたまの会〜年末スペシャル偏愛マップOP会〜




▼偏愛マップのススメ


やはり!好きが満載の「偏愛マップ」はプロフィールに最適 | まめとら.com





▼偏愛マップ考案者は齋藤 孝先生

▼ラクガキ偏愛マップ事例も
ラクガキノート術ラクガキノート術

エイ出版社
価格:¥ 1,404(記事公開時)

ショップでチェックする

次回記事の予告





SLPRO X for iPhoneこの記事は、『SLPRO X for iPhone(ハイブリッド・ビジュアルブログエディタ)』で書いてます。

「偏愛マップ」を大勢で作成し見せ合う交流会の魅力とは?
「まめとら.com」更新情報を
facebookでいいね!して
チェックしよう

▼各種SNSへシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

▼各種フォローはコチラ