川崎フロンターレの選手プロフィールが桁違いの量と細かさで凄い



photo credit: TAKA@P.P.R.S via photopin cc

愛する「川崎フロンターレ」では、もはや当たり前となっている『名物』をご紹介します。


■もの凄い量のプロフィール

Jリーグ各チームはそれぞれ特色ある公式サイトを持っていますが、川崎フロンターレの公式サイトは一味違います。

その中の一つが『選手プロフィール』ページ。

どのチームも通常、選手名、背番号、ポジションなどを顔写真付きで一覧表示しておりますが、

それに加えて、選手への質問回答事項の多さと細かさが半端無いのが、川崎フロンターレです。

まずは、中村 憲剛(なかむら けんご)選手のプロフィールページをご覧下さい。




選手・スタッフプロフィール: KAWASAKI FRONTALE

★14 中村 憲剛 のプロフィール【2016シーズン版】

何と100項目を超える質問回答に加え、出場データ、メディア掲載情報まで、かなり詳細に掲載しています。

もの凄い。。(*^_^*)

他J1チームの公式サイトも比較のため、簡単に確認してみましたが、次に多いチームが、大宮アルディージャで、それでも50項目くらい。

次いで、柏レイソル、大分トリニータ、アルビレックス新潟くらいでしたが、その他のチームのほとんどは、顔写真と選手名、背番号の一覧掲載程度が主だったものでした。

■ありがたい『名物』

この公式サイトでのプロフィールページは、今シーズンに始まったものではなく、例年の言わば『名物』として続いているものです。

選手は毎シーズン大変そうですが、選手の内面にも近づけるような気がして、ファン・サポータには大変有難いものではないかと思います。

■大事にしたい接点

言いたいのは、単に『プロフィール』が多ければ良いとか、細かければ良いとか言う話ではありません。

今回ふと思った事がありました。

他チームの公式サイトを初めて覗いてみて、例えばJリーグ選手に興味を持った人が、チームの公式サイトを覗いたとして、果たして、何人の人がさらなる興味に繋がるのかな?と。

チームによっては、選手プロフィールをGoogleで検索した際に、チーム公式ページが最上位に表示されなかったり、wikipediaや個人ブログがヒットしたり。。

もちろん「公式サイト」がファンサービスの全てという訳では無いですが、何故か「野球」に比べて、Jリーグの『メディア露出』が極端に少なくなっていると感じる昨今、

こうしたファン・サボータとの『接点』を大事にする姿勢って、今後ますます大事になるのでは?と思った次第でした。

以上、Jリーグ、良かったら是非〜(^o^)/

▼これは見なきゃ!


初回|放送スケジュール|スカパー!サッカー中継


風間塾 サッカーを進化させる「非常識」論風間塾 サッカーを進化させる「非常識」論

朝日新聞出版
価格:¥ 1,500(記事公開時)
ショップでチェックする
JリーグLIVE JリーグLIVE
価格: 無料 (記事公開時)
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする
するぷろ for iOS(ブログエディタ)この記事は、『するぷろ for iOS(ブログエディタ)』で書いてます。

川崎フロンターレの選手プロフィールが桁違いの量と細かさで凄い
「まめとら.com」更新情報を
facebookでいいね!して
チェックしよう

▼各種SNSへシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

▼各種フォローはコチラ